メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第4章 新進画家に復讐してください
「…私の…人生は、姉さえいなければ、もっと幸せに生きれたはずなのに…」
────────── 呪われたっ…!!
 デュマの悲痛な声に、アルファロが眉根を寄せて、耳を傾ける。
キィッ…
 そこへ、部屋の扉を開ける、小さな軋む音がして、隙間から、セリエルのおっかなびっくり眼が覗いた。
 中々入ってこようとしないので、アルファロが呼ぶ。
「何してるんだ!?」
 見つかって、しょうがなく扉を半開にし、中へと進むと、持っていたティーカップのセットをテーブルに置く。どうにも漂ってくる冷気に、つい興味本位で、チラッと、奥のデスクを伺うが、アルファロが座っている隣で、対面する形で依頼者が突っ立っていること以外は、あまりよく分からない。セリエルは頭の先から足のつま先まで、寒イボができるかと思うほどに震え上がったまま、用が済むと、すぐに回れ右をして、去ろうとした。
「お茶を入れるまでが、お前の仕事」
 アルファロに待ったをかけられると、その容赦のない命令に、セリエルは、心の中で、激しく抵抗しながらも、なくなく戻った。
────────── 奴隷なんて、嫌だっ!
 この部屋に来るのだけは、嫌で嫌で、しょうがなかった。まだ、これで、この部屋にお茶を運ぶのは3回目だが、…アルファロに依頼しにくる外部の人間は、ことごとく不気味としかいいようがなく…、目の前にいる女性も、例外なく、かなり怪しい。
 騎士を辞め、この家に戻ってきてから1週間以上が経過する。新しい仕事は、なんでも屋のような内容だった。それこそ、待ち人捜しや、偉い人の越境の際のボディーガードなど、騎士でならしただけに、それを生かせる依頼を優先して受けているようだが、なんでこうも…依頼者と面会するのが怖いのか、セリエル自身も理由が分からなかった。
 きっと、この部屋に何か、不吉なものがあるのかもしれない…。
 地下室なんて、大体が、ヒンヤリとしてて、暗い。照明は、松明の炎や、ロウソクの火などで代用する為、この時代の人間は、夜は早々に就寝する。それだけに、昼ですら足を踏み入れるのが億劫な地下室など、好き好んで利用する者は少ないのだが…。アルファロは、依頼が来れば、朝も夜も関係なく、地下へとこもる。そして、その依頼者へのお茶出しに、セリエルも借り出される、という具合だった。
 拒否権を行使したい!!
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ