メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第4章 新進画家に復讐してください
 そんな時、吹き抜けの天井に吊るされた鈴の音がチリンと鳴り、アルファロが我に返った。その目つきが徐々に変わっていく。
「ひっ」
 怖気に襲われ、短く悲鳴を上げたセリエルが、慌てて逃げようとするが、アルファロが鋭く命令した。
「セリエル…、お茶、2人分」
「や、やだー! 地下に行くの、怖いっ!!」
「それがお前の仕事」
 にべもなく言い放つと、アルファロは、不気味に微笑んだ。
「…この家の中では、オレの言うことは絶対だ。それがきけないっていうなら、恐ろしい目にあわせるぞ」
 顔面真っ青になって、セリエルが喉を鳴らす。
「お、お、恐ろしい目って…、目って、何!?」
 アルファロが、クスッと笑う。
「…秘密」
────────── …こ、…怖いっ…。アルファロが一番、怖いっ!!
 急いで、お茶の仕度をしに、キッチンへと走ったセリエルを見送り、アルファロは一足早く、階段を、上にではなく、下へと降りていった。
 セリエルを脅かしたヒョウキンな表情はどこへやら、一転して、ひどく真面目な顔つきへと戻っていきながら。


「カンブストリートD-42番地、青レンガのアパートの303号室に住む、26歳のサマンド。依頼者とは姉妹の間柄で、彼女は今現在、若手の画家として活躍中…か」
 今書きとめたばかりの紙片を取り上げ、アルファロが読み上げる。
「…ということは、君のお姉さん…ということか」
 どう見ても、外見上は、20歳を超えたばかりの小柄な女性を見上げると、アルファロが聞いた。
「そうよ。私は、妹のデュマ。姉に…、サマンドに、復讐したいの」
 不気味でストレートな依頼に、アルファロは答えに詰まった。
 正直、こういう依頼を受け初めてから、初めてのケースだった。いずれは、こういうのも来るだろうとは思っていたが…。
「一体、どんな恨みがおありで!?」
 とりあえず、詳しく聞かないことには、始まらない。
「行く先々で不幸が重なり、稼ぎもなく、全財産が尽きたの。これもすべては、できる姉をもったせい。できる姉妹をもった者は、一生周りから比較されて、不運に見舞われ続ける運命なの…。私は、姉が憎い…」
 できる姉をもった為に、嫌気をさして、家を飛び出したまでは良かったが…。要は、うまく生きれなかった、そのすべての責を、姉に被せたいらしい。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ