メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第3章 カフェ〈メトセラ〉のマイラ
 今では、それぞれが転勤したり、引っ越したり、国外に移住したりと、住環境が変わってしまって、一時は解散状態に陥ってしまった。その後、しばらく経ってから、何気なく話したことがきっかけで、近くのハイスクールに転任してきた地学教師のルディアンという男が、読書会の再開を願ったことで、週一で、現在まで細々と続いてきている。彼は、毎日のように、学校帰りに、ここに寄っては、他愛もない会話を楽しんでいく、1つ年下の男だった。
 アルファロが帰ってきたことで、仲間は3人になったが、最近は本は読まないと言って、時折しか本を持ってこない。それでも、馴染みの仲間がやって来るのは、マイラも嬉しくないはずがなかった。
 せっかく再開を喜んでたのに。
 バカ者がっ。
 マイラは、よしよし、とセリエルの頭を撫でると、先に温かい紅茶を出し、次にパスタを乗せた皿を目の前に置いた。
「まずは、腹ごしらえ。放課後、またいらっしゃい。もっとおいしいケーキ作って、アルファロを見返してやろう」
 優しいマイラに、セリエルは涙目になって、うん、と元気良く頷き、喜んで温かいパスタを頬張った。
 マイラ、大好き!
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ