大根と王妃シリーズ 番外編 『神和ぎの巫女と神堕としの少女』
大根と王妃シリーズ 番外編 『神和ぎの巫女と神堕としの少女』
アフィリエイトOK
発行者:大雪
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2010/08/22 21:13

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
大根と王妃シリーズ 番外編 『神和ぎの巫女と神堕としの少女』 第5章 土砂崩れと歌
荒れ狂っていた川が次第に静まり始める。
流石は蓮璋である。
やはり、凪国きっての術師という所か。

また雨脚も弱まりだし、ようやく水害の危機は去った。

「けれど、土砂崩れまではどうしようもありませんわね~」

のんびりとした口調で明燐が呟ければ、萩波もにっこりと笑って頷いた。

「土砂崩れ……」

あれだけの大雨が降り注いだのだ。
いくら木々が豊富で貯水能力があろうとも、許容範囲はもはやギリギリだろう。
だが、とりあえず今は山を下ってしまわなければならない。

既に他の車は今のうちにと橋を渡り始めている。

「さて、行きますよ」

戻ってきた蓮璋が後部座席に乗り込むと、いつの間にか運転席に移動していた萩波がハンドルを握る。

そのままアクセルを踏み、車を発進させた。
だが、前の車が慎重に橋を渡っているせいか、すぐにブレーキを踏み車を止める。

「とっとと渡って下さらないかしら」
「明燐さん……」

女神のような(実際女神)微笑みを浮かべながら毒をはく明燐に蒼麗の頬が引きつった。

「まあ、気長に行きますか」

明燐とは裏腹に、こんな状況すらも楽しんでいるかのような萩波がギアをパーキングに入れてのんびりと待つ。
が、突如後ろに座っていた蓮璋が萩波の耳元に何かを囁いた。

「――わかりました」
「萩波先生?」

笑みを消し、手早くギアを操作する萩波に蒼麗が首をかしげる。
と、手がギュっと握りしめられた。

「え?果竪さん?」
「歌」
「え?」

歌が聞こえる

果竪がそう呟いた瞬間、もの凄い遠心力が蒼麗の体にかかった。
果竪が悲鳴をあげ、蒼麗の腕の中に倒れ込み、更に蒼麗の体が蓮璋に抱き留められた。

車が急発進したのだと分かったのは、既に橋の向こうに滑るように走り抜けた後だった。


「な、何?!」

スピンするように車が今駆け抜けてきた橋に向いて止まり、蒼麗はひっくり返ったままの状態で呟いた。

それから数拍もおかないうちにそれは起きた。

空気ごと揺れるような地響きが辺りに木霊し、地面が揺れたかと思った次の瞬間、先ほどまで自分達の車が居た場所を見て蒼麗は唖然とした。

「ど、土砂崩れ……」

いや、土砂崩れだなんてかわいいものではない。
あれは山崩れだ。
先ほどまで居た場所は完全にそっくりそのまま無くなり、今さっき渡ってきた橋もその土砂で流されて姿を消した。
9
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ