鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/07/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク 第12章 第三幕 シーン3 カイルvs.プリンス
 プリンスは熊のように狭い範囲を歩きながら言葉を続ける。

プリンス それにしても、ガキ奴隷一人のために命がけとは、意外とバカな男よ。わしにくれてしまえば、賞金持ってしばらくは楽しめたろうに。新しい奴隷買うとかな。
カイル 命をかけるほどのことになるか。俺は盗まれたものを取り返しに来ただけだ。
プリンス 臆病の価値を知らないお前が、まだその若さとはいえこの世界で生き残ってきたことは驚きだな。
カイル 年寄りの説教か。俺様はな、この世界で最も臆病で、もっとも運がよく、それ故に最も強い男なのだ。

 プリンスが鼻を鳴らし、壁際の斧に手をかける。

カイル そうそう、てめえ、自分が賞金首だろう? どっかの王族を殺した。知ってるぜ。お前を殺せばいい仕事にもなるわけだ。
プリンス ふん。わしに言わせりゃ、お前がお尋ね者じゃないってのは、逆に驚きだ。……いいだろう。ここでおっぱじめてもいいが、外にするか。
カイル そうだな。
プリンス じゃ、外で待て。今さら逃げも隠れもせんよ。わしがいくらネズミスタイルの男でもな。
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ