鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/07/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク 第11章 第三幕 シーン2 酒場
  †

 カイルはつとめて冷静を装った。

カイル ふうん。で、話したわけだ。俺のこととガキ奴隷のことも。
バーテン いや、あ、あ、あのですね。だんなも恐いけど昨日のだんなも負けず劣らずオソロシくてですね。嘘をつけそうな雰囲気でもなく……。

 カイルは軽く机を叩いた。

カイル 怯えるな。何もせんわ。話したんだな。

 バーテンは壁際に寄って、二度うなずいた。カイルは今度こそ立ち上がった。

カイル 釣りをよこせ。
バーテン ……は? え、はい。

 カイルはバーテンが震える手で用意した釣りを一瞥すると、それを取らずすぐ背中を向けて店を出た。残されたバーテンは他の客と顔を見合わせ、額の汗を拭って脱力した。
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ