鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/07/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク 第7章 第二幕 シーン3 少年(ボーイズ)バーのカイル
カイル うひゃひゃ、そら、お前はこっちの膝に乗れ。これをやる。

 客であるカイルに、全裸同然のスタイル(ビキニやふんどしだけを身につけている)の少年達が五人群がって膝に乗ったり頬にキスをしたりしている。カイルは彼らに気前よく飲み物を奢り、コインをばらまいていた。

 カイルが現在逗留する町が属する国では、少年バーは珍しくなかった。もちろん性的サービスを行い、売春も合法である。ただフークほど幼い少年はまず見かけない。最年少でもフークより二つ三つ上に見える。

カイル お前もう出るのか? そうか、お前だけまだか。じゃ、お前は俺の膝で見学だ。

 四人を、競争させて金貨を競わせる。

31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ