鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/07/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク 第6章 第二幕 シーン2 プリンス・バイデンの地下室
 一人の男の影が横たわるフークを覆う。ぴくりと耳を動かし、目覚めた。巨体の男が立っていた。ビヤ樽のように太く、しかしたるんではいない逞しい肉体の上に、ブルドッグのような醜い頭が乗っていた。二枚刃の大斧を背負っていた。濃い茶色の革製のぴっちりとした服装に身を包んでいる。

プリンス よう、坊や、気持ちよさそうだな。
フーク 誰……?

 プリンス・バイデンは太いしわがれ声で、ごく気さくに声をかけたつもりだが、威圧感はどうしようと抑えがたい。

プリンス 誰でもいいじゃないか。坊や、ちょっとわしの人捜しを手伝ってはくれんかね?
フーク ……すいませんけど、僕には仕事が……もう戻らないと。
プリンス そう言うねえ。じゃ、質問だけだ。俺の探しているのは、日本刀を使う金髪の戦士だ。

 フークは、巧みな小芝居ができるほどには成長していなかった。思わず視線を泳がせてしまう。

フーク 僕、知らないから……。
プリンス 待てよ。

 フークは立ち上がって去ろうとしたが、巨漢のプリンスに無遠慮に腕をつかまれて真剣に恐怖した。

プリンス 俺の探しているのは、評判の悪い横暴な賞金稼ぎでな。今も生きているからには戦いには負けたことのない男だ。何の役に立つのかわからない、坊やくらいの黒髪のチビの奴隷を連れてるってんだ。
フーク 離してよっ!

 抵抗するとフークは、つかまれた腕を万力のように締めつけられて悲鳴を上げた。続いて鳩尾に、プリンスにしてみれば軽い一撃がごつい拳で打ち込まれ、フークはたちまち意識を失ってしまったのだ。
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ