鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/07/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
鬼畜戦士カイルと少年奴隷フーク 第5章 第二幕 シーン1 消えたフーク
カイル もしかして逃げたか。……昨日はちょっとやり過ぎたからな。

 カイルは一瞬よぎった不安、というより悪い予感を意図的に押しやり、そう独り言をつぶやいて、風呂を使い、二度寝を決め込むことにした。

カイル ……まあしかし、あいつに行き場所などない。二、三日もすれば戻ってくるさ、うむ。

 今日のプレイは別として、カイルはフークを拘束して逃げられなくしたことなど一度もなかった。殴る蹴るといった暴力もない。再び横になるカイル。

フーク (カイル様……)

 とこからともなく響く、フークの悲痛な叫びは、カイルの耳には届いていないようだった。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ