ホストのホ。
ホストのホ。
成人向
発行者:MIU
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:女神か悪魔か

公開開始日:2013/06/17
最終更新日:2013/06/17 21:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ホストのホ。 第1章 女神か悪魔か
こんばんわ。夜12時を回っただろーか。。
いつものように何気なく女性に声をかけた。少しぽっちゃりでお世辞にも可愛いとはいえないが前回書いた通り声をかける事に興奮を覚える俺。
彼女はすんなり足を止めてくれた。
第一声が彼女からホスト?と聞かれた。
当時田舎からでてきた俺は都会になじもーと丸井でスーツを買い毎日のようにそれを着ていた。田舎の男は人によってちがうだろーがとりあえずスーツ着とけば田舎あがりにみえないんじゃないかと勝手に思っていた。
ちがいますよー。笑愛想よく返事を返した。彼女は残念そーにそなんだ、、と小声で答えた。
俺はいつもの調子で友達に似てるんだけど?ちゃん?じゃない?このやり方はずーっと変えていない俺のやり方だ。ナンパ初めての時もこれだったので変えられないんだろ。初めて吸った煙草の柄と一緒と考えてくれ。結果は当たり前の違うよ。何万かい聞いただろうか。
そか。何処いくの?帰るとこだよ笑そこだけ愛想よく返してくれた。
とっさに俺はホストって聞いたけどよくいくの?と答えた。彼女はうん。笑ここも愛想よく答えた。興味あるから連れてってと軽いのりで俺が答えた。彼女はいいよ笑。と簡単に答えた。
車できてるし乗ってく!?話しがトントン拍子に進みすぎてなんだから怖かった。
なんかあんじゃないのとか何処かつれていかれんだろーとか色々考えて結果番号聞いてバイバイした。
次の日彼女から電話があった。。
1
ページへ 
ページの先頭へ