陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第4章 狭間美奈編
「ああっ‥!くっ…」
美奈を突き抜ける高揚感。
坂木の腰が乱暴に放つ乱れ打ち、
そのいち撃だけが妙に強烈だった。
やたらに重く、
それでいて心地良く子宮に響く。
美奈は自分の身体の反応に困惑した。
「ああっぁ…」
まただった。
特定の箇所を突かれると、
異様に強い偕楽が走る。
これは、
その場所が、
絶対に坂木に悟られてはならない。
美奈はそう思った。
だが坂木はそれを許さない。
「そうか、ここだな」
「ぁっ…あ…はぁっ、!」
隠そうとはするのだ。
だがそこを突かれると、
ひときわ大きく喘いでしまう。
坂木はそこをぐりぐりと、
ものでこね回し始める。
乱暴な動きだ。
それでいてねちこい。
「ああぁっ、…んっ、あぁっ」
「やはりここが気持ち良いんだな」
「ちっちがっ、あっ、ぁっ、あぁ…」
「さあとどめだ!」
美奈の感じるポイントを把握した。
坂木はそこに向けて、
怒涛の突きを放ち始めた。
「あああああぁっ、!あぁっ!」
美奈は最初のひと突きで絶頂を迎えてしまいそうだった。
坂木が大きく、
それでいてリズミカルに腰を動かす。
坂木の表情は勝ち誇っていた。
ものがあそこにぶち込まれると、
絶妙な場所を突き上げる。
そこから生まれる濃厚な快感が、
急激に強くなっていく。
「さあ最高の瞬間をくれてやるぞ」
「あああぁっ、はぁっ、ああぁっ…」
「それがお前の贖罪だ」
だが、
もう美奈には聞こえていなかった。
ただ快楽を貪る雌と化していた。
だが坂木はそれすら許さない。
「旦那と志保が見たらどう思うよ?」
美奈が急激に理性を取り戻す。
「やめてっ!…」
「ああ!?」
「あの人と娘のことは今は…あっ」
坂木がさらに力を込めたのだ。
美奈の肩を掴み、
腰の動きを限界まで強くし、
ものをあそこに貫き通す。
美奈の股間への、
とどめの連続挿入だった。
身体は反応しきっている。
もう止まりはしない。
脳裏に夫と娘を浮かべさせながら絶頂させるのが狙いだった。
「あああああぁっぅ!」
美奈は強姦魔坂木に犯されながら、
夫や娘を思いながらも感じていた。
そして腰をくねらせていた。
細い首を反らし、
がくがくと全身が跳ね上がっていた。
そして頭の中が真っ白になった。
「ああっあああああああっー!!」
激烈な絶頂を迎えさせられたのだ。
90
最初 前へ 84858687888990 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ