陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
「もうっ…だめぇっ!」
熱く強烈にぶち込まれ続け、
梨恵は悔しさと快感に咽び泣く。
その間も淫裂は突かれ続け、
怒涛の快楽が押し寄せてきている。
「うっ…締めつけやがる…」
「うっ…くうぅっ!…」
汗、
ローション、
愛液、
それらでねとねとになった尻たぶに、
ぱんぱんと坂木が腰を打った。
梨恵が尻をくねらせながら、
ものを呑み込もうとする。
合わせ目からはびちょびちょと、
愛液を垂れ流し始めていた。
「う…くっ…ああぁっ あぁ!」
反り返った背中、
汗が染みまくった制服、
緊縛された手がぎゅうっと握られる。
激しい突きで梨恵のあそこは、
じゅぽじゅぽと音をたてた。
快楽でがくがくになり、
崩れ落ちそうになった梨恵の腰を、
坂木が強引に手で掴み戻す。
「もうイッちまうか!?」
坂木は醜悪な笑みを浮かべると、
得意気に腰の動きを激しくしていく。
縄で絞り出された乳房が、
床につぶされながら揺れている。
「いっ…イくうぅぅぅっっー!!」
梨恵はさらに背中を反らした。
自ら尻を掲げると、
より深く坂木のものをくわえこめるよう自ら体勢をとったのだ。
「おおっ!?」
坂木は不覚にもぎゅんと射精した。
「はああああァぁっ!!」
梨恵は絶叫した。
熱い液体を体内に流し込まれた瞬間、
絶頂に達したのだ。
緊縛された身体を震わせながら。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ