陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第4章 狭間美奈編
坂木は満足げに美奈を見下ろした。
ジャージを上から脱ぎ捨て、
シャツを脱ぎ捨て、
ブリーフを脱ぎ捨てた。
そそり立つものが、
美奈の前に姿を現した。
凶悪なそれを前に美奈は絶句した。
まどろみにいた美奈だったが、
我に返ったのだ。
もう抵抗する力は残っていないと思っていた美奈が、
手足をもがきじたばたさせた。
「最後の抵抗ってやつか」
美奈は大の字に縛られている。
坂木は美奈の開かれた脚の中に身体を入り込ませ、
覆い被さる。
醜悪な笑みを浮かべ美奈を見下ろす。
自らのそそり立つものを、
美奈のあそこにロックオンさせた。
美奈は歯を食いしばり、
顔を背けている。
「この後に及んでまだその態度かよ」
「…」
「そういうとこは志保そっくりだな」
「娘の名前を口にしないでっ」
「ああ!?」
「こんな時に…言わないで…」
「こんな時だから言うんだ」
坂木は言い放つと、
腰をぐいと押し込み始めた。
「う‥っ…ぁ…あっ…」
美奈の母ではなく、
女としての呻きが漏れる。
拒絶しようとする意志とは裏腹に、
あそこはぬり‥ぬりと坂木のものを受け入れていく。
「くっ‥ぁ…ぅ…はあぁ…っ」
夫のものより太く長い、
そして熱い。
ものが美奈の中を侵食していく。
「…ぁ…ぐ‥」
坂木が容赦なく力を込める。
「さあ、あともう少しだ」
腰をぐいぐいと押し込んでいく。
「ぃっ…あ……」
美奈が低い声を漏らし続ける。
「よし!どうだ美奈!」
坂木のひと声、
同時に美奈の背中がぴーんと反った。
ものが完全に突き入れられたのだ。
「あああぁ‥っ!」
その侵食感に美奈はただただ雌の声をあげるしかなかった。
磔にされた美奈の美しい裸体が、
びくびくと揺れていた。
88
最初 前へ 84858687888990 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ