陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
坂木があそこから抜き出したものを、
ぐいっとねじ込んだからだ。
「ああぁぁっ…」
亀頭が膣壁をこする。
梨恵の最深部まで届く。
梨恵は坂木のものの硬さと太さを、
しっかりと感じてしまっていた。
坂木は梨恵の身体に覆い被さり、
両肩を両手で掴み押さえた。
白い尻に毛深く汚い腰を、
力強く突き出していく。
奥に奥にと、
ねじり、
こね回し、
秘裂をかき乱した。
梨恵はその衝撃に歯を食いしばり、
脂汗を流した。
「俺の味はどうだ?気持ち良いか?」
梨恵は汗だくの顔を精一杯振った。
「ちっ」
坂木が舌打ちした。
「こんなことになるなんて…」
利恵はこれから自分に起こることを、
それを思うと悔しくてたまらない。
上から押し込むように挿入された、
坂木の汚らわく太く長いもの。
それがあたかも内蔵まで到達しているかのように感じるのだ。
「あっああ…あ」
そしてものが引き抜き始められた。
おぞましい感覚が梨恵を襲う。
なにかを排泄している、
そんな感じだ。
突然すぱーんという腰と尻が合わさる強烈な音が体育館に響く、
と同時に利恵の肢体がえび反った。
「はあぁっッ!」
坂木がものを力強く、
一気に淫裂にぶち込んだのだ。
腰と尻の合わせ目から、
汗とローションがはじけ飛ぶ。
「さあ精一杯感じるんだ」
「いっ嫌ぁっ」
梨恵は後ろに回された手を、
きつく握りしめながら首を振った。
「うっ…くううぅっ…」
学校内でも美少女と呼ばれていた。
そんな梨恵が後ろ手に縛られ、
四つん這いにされていた。
坂木に乳房を掴まれ、
ものを背後からぶち込まれ続ける。
「やめ…てっ…あっ、」
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ