陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
認めたくはないが酔いしれるのだ。
「ああっあああっー!」
つんとくる感触、
それでいて身体が溶けそうになる。
子宮から膣へかけての狂おしい快感。
抵抗は無意味だった。
志保は身を任せてしまっていた。
坂木が放つ毒の快楽に。
志保は女に生まれたことを呪った。
「もうっ…だめぇっ!」
熱く強烈にぶち込まれ続け、
志保は悔しさと快感に喘ぎ泣く。
その間も淫裂は突かれ続け、
怒涛の快楽が押し寄せてきている。
「うっ…締めつけやがる…」
「うっ…くうぅっ!…」
尻の合わせ目からは愛液がびちゃびちゃとしぶきをあげていた。
志保のあそこが坂木のものを、
締めつけ呑み込もうとする。
「う…くっ…ああぁっ あぁ!」
志保の動くはずのない身体が、
背中をえび反らせた。
汗が弾け飛ぶ。
「なんて奴だ!」
快楽が薬の効果を上回ったのか。
志保は身体の自由を取り戻したのだ。
そして最初にしたことは、
自ら腰を振ることだった。
「はははは!こいつは傑作だ!」
坂木は醜悪な表情を浮かべ笑った。
「ああぁ、あっあああぁっー!」
坂木に見下され笑われても、
志保は悦び喘ぎ続けた。
そして自ら腰を振り、
その動きを激しくしていった。
志保の身体が、
乳房がぶるんぶるんと激しく揺れる。
そして、
もう限界だった。
「いっ…イくうぅぅぅっっー!!」
志保はさらに背中を反らした。
「はああああああああァぁっ!!」
志保は絶叫していた。
絶頂だった。
身体を震わせていた。
悔しさとは裏腹に、
その身体は満たされていった。
64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ