陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
「あっ、あぁっ、ぁ」
志保が世界で最も見下している男、
それが坂木だ。
その坂木に奥底まで突かれて、
喘ぎ声が出てしまう。
「あぁ…あぅっあぁーっ」
志保は口を閉じようとするが、
身体がそれを許してはくれない。
それがまた悔しくて仕方がない。
黙ろうとするのだが、
身体中を玉のような汗が沸いていた。
顔は赤くなり、
口を開きはぁはぁと息をつき、
その音がトイレに響き渡っていた。
辺りには熱気が漂い、
坂木と志保の溜め息が交錯する。
「ああっぁ、あぁっ」
坂木に身体を弄ばれ続け、
屈辱きまわりない。
それでも志保身体が、
熱く熱くなっていくのだ。
自分の身体を恨めしく思うが、
どうしようもないのだ。
「あぁんっ、あああっぅ」
「なんだぁ?」
「あぁ…あぅあぁーっ」
「良い感じっぷりだな、おい!」
「こっ‥殺してやる!」
「ははは!良い反応だ!」
志保は坂木を睨み付けるが、
その瞳にも色香が垣間見えてしまう。
強がってはみても身体は喜んでいる。
屈辱的な状況で淫裂を突かれまくり、
突かれ続けてるうちに、
気持ち良くなっていた。
「ぁああぁっ、はぁっ、ああぁっ」
目の前の全身鏡が写し出す自分。
それはとてつもなく卑猥な絵図だ。
しかしそれに目を向けると、
なぜか股間がじんわりくるのだ。
その状態であそこをもので突かれる。
それは信じられないくらい、
美味な感触だった。
63
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ