陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
坂木のそそり立つものが、
志保のあそこを完全に貫いていた。
「うっ…ぅ…ああ…ぁ」
凄まじい衝撃だった。
志保は我を失いそうだった。
「心配するな、すぐ気持ち良くやる」
志保の膝裏を抱えている坂木の腕に、
再び力が込められ始めた。
そして志保の身体がゆっくりと、
ずるずると持ち上げられ始めたのだ。
「やめ…てっ…あっ、あっ」
坂木のものが、
ゆっくりと志保から抜かれていく。
その衝撃的感触に声がかすれる。
膣口からの排泄感を超えた排泄感。
そしてものが抜ける瞬間を狙い、
坂木が腕の力を抜いた。
「あああぁあぁっ!」
志保の身体が再び沈んでいく。
それは坂木のものが志保のあそこに埋まっていくのだ。
志保の悲痛な叫びが坂木の耳を打つ。
「感じてるか!?志保!?」
だが志保はそれどころではなかった。
「ぁっ…ぅっ、あぁ…」
坂木のものが放つ衝撃にだ。
それでも坂木はやめなかった。
志保に対する攻めを。
「っ…はぁっ、ぁ…」
ゆっくりと身体を引き上げられ、
そしてまた沈められるのだ。
「うっ‥きついぜ」
坂木はそれでも攻め続ける。
「くっ…ぅぁっ、あぁ…」
志保の膝裏をそのいかつい手で掴み、
持ち上げては沈め、
持ち上げては沈める。
犯すのにもエネルギーがいるものだ。
それだけ性欲が強いのか。
憎しみが深いのか。
「ぁあぁっ、はぁっ、あぁっ」
志保の叫びがどこか甘露な甘味を含み始めていた。
「さあいくぜ!」
「あぅあぁーっ!!」
志保の身体が跳ね上がった。
坂木が志保に対する攻めを、
上下運動を加速させたのだ。
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ