陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
「は?」
「卒業まで毎日、俺に抱かれるんだ」
「はぁ!?」
思わず頭に血が登った。
「そんなことできないわよ!」
ここでぶち切れてしまうのが志保だ。
「できるわけないじゃない!」
志保は叫び続ける。
「このうじ虫が!」
「ふふふ」
坂木が不気味に笑った。
「そうこなっくちゃな、志保」
志保は坂木の言葉に凍りついた。
だが巨乳の乳房、
その先では乳首がぴんと起っていた。
淫裂は既にぐっしょりと濡れていた。
志保の意思とは別に、
志保の肉体は敏感に反応し過ぎるくらいに反応していた。
だがそれを上回る嫌悪感が、
坂木に対してあるのだ。
「さあお待ちかねだ」
坂木が腕の力を抜いていく。
「こっ…この猥褻教師ぃ!」
志保の身体がゆっくりと下降していく。
志保のあそこが、
割れ目が坂木のものに触れた。
「嫌っぁあぁっ!」
ものが志保の中に侵入していく。
ずぶずぶという音が、
その耳に聞こえてきそうなほどに。
「あああああぁっぅ!!」
志保の悲痛な叫びがトイレ内に、
旧校舎に響き渡った。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ