陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
坂木は便座に腰掛けた状態で、
志保の膝裏を掴み身体を抱え上げた。
幼女が小水をするようなM字開脚に近い形なるだろう。
志保は恥じらいのあまりどうにかなってしまいそうだった。
志保の声が震えている。
正面にある鏡には、
志保の全身が写っている。
坂木によって持ち上げられた志保の身体は全裸姿で脚を大きく開いている。
そしてその真下には坂木のそそり立つものが見えた。
志保も極限の羞恥に首を振るが、
それでどうにかなることもなかった。
「先生!坂木‥先生!」
「おっ!?おう?」
「謝ります…」
「ん…?」
神妙な志保の態度に、
坂木はやや落ち着かないようだった。
坂木は志保の叫びに面食らった。
坂木を誰も先生とは呼ばないからだ。
呼ばれなれていないのだ。
「なんだ志保!?」
「謝ります!」
「ああ!?」
「先生の授業を…邪魔したこと」
「ほう」
「だから…もう許して下さい」
「…うーむ」
「…」
「良いだろう」
「ほっ本当ですか!?」
「ただし!」
坂木が言葉を強めた。
「今後お前は俺のセックス奴隷だ」
60
最初 前へ 57585960616263 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ