陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
抵抗する梨恵の尻を両手で掴む。
坂木は息荒く優越感に浸った。
欲情した身体を梨恵に寄せていく。
梨恵は必死に逃げようとするが、
尻は固定されているため、
結局腰をくねらせるだけだった。
「たまんねえ…」
「へっ変態‥」
両手に掴んだ白い尻、
大人の女にはない味わい、
女子高生特有の臭いががあった。
性格は最悪、
がその身体は最高だった。
坂木は硬直しきったものを、
斜め上から一気に突き刺した。
「ああぁぁぁぁ!」
梨恵は顔を上げ目を見開き、
身体をひきつらせた。
全身を這う荒縄が、
ひきちぎれんばかりに、
ぎしぎしと音をたてた。
「っ…やめっ…て!」
校章の入ったソックス、
その足が僅かに震えている。
坂木は尻を力強く掴んだまま、
腰と尻が当たるまで挿入していく。
「ああぁっ!」
「お楽しみはこれからだぜ」
梨恵はその美しい顔を歪めた。
「どうだ痛くねえだろ?」
「…」
その通りだ。
不思議だった。
前戯もなしに無理矢理ぶち込まれた。
普通なら激痛にのたうち回るはず。
思い当たる節はあった。
「さっきの特製ローションさ」
坂木が用意したローション、
ただのローションではなかった。
レイプ用に開発されたもので、
挿入をスムーズにし痛みを取るのだ。
もちろんそれだけではない。
己の意思とは関係ない快楽も生む。
「こっ…このげすっ…」
「おいおい、これは親切心だろ」
「なっなにがよ!?」
「素直に悦べるための配慮だろ」
坂木は笑みを浮かべながら言った。
「よくもそんなことが…」
薬物で女を墜とそうとする、
坂木のやり口に殺意を覚えた。
「当然媚薬入りだ」
「あんたなんかに絶対に屈しない!」
「そうこなくちゃな」
だが痛みがないせいで、
妙に冷静な判断ができてしまう。
自分の置かれた状況。
坂木の太いものが、
股関にぴたりとはまり込んでいる。
痛みがないからこそ、
坂木のものを、
それを身体で感じてしまう。
顔が赤くなった。
恥ずかしさがこみ上げてきた。
犯してしまえば所詮は雌、
坂木はそんな下劣な思考を込め、
力強く腰を突き出した。
「さあ、感じろ!俺を受け入れろ!」
「いっ…や…はあぁァっ!」
梨恵の背中が反り返った。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ