陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
歯を食いしばり耐える。
「くっ…ぅ‥」
あそこを弄り回され、
乳房を揉みしだかれまくる。
「あなた達はひっ…卑怯者…です!」
悪態をついてみても、
身体はどんどん熱くなっていった。
志保のあそこが、
あそこが卑猥な音を奏ではじめた。
びちゃびちゃという音が
「あぁっ、あぅあぁーっ」
志保の感じた喘ぎ声が、
トイレの中に響き渡っていた。
身体の底、
あそこの奥から高揚感が生まれる、
そしてそれが志保の身体を突き抜けようとした瞬間だった。
「あああああぁっぅ!」
志保が真上を見上げ、
首を反らした瞬間
「そこまでだ、利恵」
利恵が乳房を攻めるのを止めた。
同時に坂木の指の動きもだ。
「志保がイくとこだったぞ」
「あら‥」
坂木の言葉に利恵は微笑している。
「なあ志保、そうだよな?」
「ちっ…ちがいま‥す!」
きつく否定はしてみても、
その濡れた股間は否定しようがない。
なによりその瞳はとろりとしていて、
明らかに色気づいていた。
「志保、尻の辺に感じるだろ?」
「ひっ‥」
志保は顔をひきつらせた。
それがなんであるかを悟ったのだ。
「俺の熱い灼熱棒をよ」
「いっ‥嫌です!」
「とどめを刺すのはこいつでだ」
坂木が下品な笑みを浮かべ、
勝ち誇っていた。
59
最初 前へ 56575859606162 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ