陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
それは想像を絶する現実だった。
目の前には全身を写す大きな鏡。
問題なのはそこに写っているものだ。
洋式便器が写っている。
ここはトイレなのだ。
そしてその便座には男が座っている。
それも服を着ていない。
顔はよくわからない。
問題はここからだ。
その男の太ももの上に、
自分が座っているではないか。
「ひっ‥ぃっ‥!!」
それも股を大きく開き―、
全裸でー。
「きゃああああああぁぁ!!!」
「うるせえな」
それは聞いたことのある声だった。
その低く生理的に受けつけない声、
それは―
「坂木!?」
「坂木先生だろ!」
志保の表情に怒りの炎が灯る。
「こっ‥これは…なんなんですか!」
志保は目の前の鏡に映る坂木に対して殺意を込め睨み付ける。
「これは教育だよ」
坂木は惚けたように言う。
「はぁ!?」
「はぁ!?とか言うんじゃねえ」
「意味がわかりません!」
「すぐにわかるから安心しろ」
志保は鏡を通して見る自分の姿に、
顔が真っ赤になってしまう。
なによりこの状況。
志保には細かいことはわからない。
だが坂木が何をやろうとしているか、
大筋としてはわかるのだ。
つまるところ犯されるということが。
51
最初 前へ 48495051525354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ