陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第3章 狭間志保編
「お前に何がわかるんだ!?」
「わかんないわよ」
「なにぃ!?」
坂木が声を荒げる。
それをばっさり斬る利恵。
ずかずかと坂木が利恵に近づく。
真衣はそのがさつな迫力に身体が震え後ずさりをしてしまう。
利恵の胸ぐらを掴もうと手を伸ばす。
「狭間志保を犯るんでしょ!」
利恵の言葉に坂木の手が止まった。
「もう段取りは考えたわ」
「なっなんだと!?」
「犯るの!?犯らないの!?」
坂木は利恵の反応に面食らっていた。
何より利恵の手際の良さに。
皆が利恵に信頼を寄せるのもなんだかわかる気がしてきた。
「犯る!あいつは許せん!」
「ならそこ座って」
「あっああ!?」
「打ち合わせするから!」
「わっわかった…」
坂木が利恵の言われた場所に座る。
真衣は利恵が坂木をうまくコントロールする姿を見てあらためて認識した。
坂木と戦うには利恵の力が絶対に必要であるということを。
「真衣もこっち来て!」
「あ…うん」
強姦行為に手を貸すなどもってのほかだが今は仕方なかった。
48
最初 前へ 45464748495051 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ