陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
ぐったりとした梨恵の身体が、
坂木の突き上げによって跳ね飛んだ。
「あぁ…、いいっぃ‥」
卑猥な顔で喘ぐ梨恵、
坂木は片手で肩を抱くともう片方の手で顔を振り向かせる。
そしてその唇を吸った。
梨恵は淫らな表情を浮かべていた。
吸われるままに舌を絡め、
流し込まれる唾液を呑み込んだ。
性奴隷のように扱われる屈辱が、
利恵を苦しめそして酔わせる。
しかし尻穴の奥をずむずむと突かれ、
腰の奥に高揚感を感じていた。
「いっいくぅ!いくうぅぅぅ!!」
アナルレイプで感じる被虐の背徳感、
それが急激に快感を高めていく。
びたんびたんと肉がぶつかり合う。
坂木の腰と梨恵の尻、
その合わせ目から液体が弾け飛ぶ。
突然尻穴が、
強く坂木のものを締めつけた。
「ああっあああああっー!!」
梨恵の美しい黒髪が舞い踊り、
腰が痙攣する。
その股間からぷしゃーと暖かい液体が勢い良く漏れると、
2人の下半身を濡らした。
「漏らしやがったか」
乳房を掴みながら腰を振り続け、
坂木が梨恵を辱める。
潮吹きではない。
匂いでわかるのだ。
「お願いぃっ、見ないでぇ…!」
涙を流しながらも、
小水を止めることはできなかった。
死ぬほどの恥辱だったが、
小水は床を濡らし広がり続けた。
41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ