陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
強烈な衝撃だった。
肉体が割れてしまうのではないかと、
そう思えるほどだった。
ずるずるとものを抜かれると、
排泄感が襲ってくる。
「はあぁ…ぁっぅ」
精一杯抜き上げられたものが、
叩きつけるようにぶちこまれる。
梨恵の背中がえび反る。
「はっああっ、ああっぁ」
角度を合わせられた内蔵にも、
容赦なくものがぶちあたる。
こすられ、
広げられ、
尻穴が焼けるように熱い。
梨恵はひたすら続く排泄感と、
熱い肛門感覚に喘ぎ泣いた。
「梨恵、気持ち良さそうだね」
真衣が笑っていた。
「み…見ないで‥真衣…お願い」
梨恵の哀願に、
真衣は冷たく笑うだけだった。
そうこうしてるうちに尻穴がものの太さに馴染んでくる。
ものへの締めつけが弱まってきた。
「勝機だな」
坂木はおかしなな言葉を放つと、
ものの抜き差しを加速させる。
「ぁっ…あはぁっ、あぁ…」
リズミカルな腰の動きが、
梨恵を貫き続ける。
尻穴がかなり楽になってきたせいか、
肩を押さえての腰の動きも苦痛ではなくかなってきていた。
なによりここにきて、
媚薬入りのローションが効いてきた。
身体の奥底から湧くような快楽が、
梨恵を襲う。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ