陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
坂木は挿入しきった梨恵の尻を、
ぐいっと押し広げた。
尻穴が切れそうなくらい広がり、
ものを受け入れているさまが見えた。
ものを数回尻穴の入口で、
軽く往復させてやる。
盛り上がった皺がめくれあがり、
中に入り込む。
「ああっ‥うぅっ…あああぁっ」
坂木の下半身に密着した梨恵の美脚が小刻みに震えている。
坂木の汚れたものを、
押し出そうと尻穴が痙攣している。
「無駄なことを…」
坂木は抵抗を押し返しながら尻に向かって腰を振ると、
ものを尻穴に力強くぶち込んだ。
「くぅっ!はぁあぁっぅっ…!」
梨恵は口をぱくぱくさせながら、
尻穴をえぐられる衝撃に溺れていた。
自分の尻穴がこれでもかと広げられ、
太いものがはまり込んでいる感覚。
坂木が梨恵の太腿を強引に引き上げ、
尻の角度を上に向けさせた。
「く…ぅっ」
呻き声をあげる梨恵の肩を掴むと、
「さあ気持ち良くしてやる」
坂木そう言い放ち空中からのしかかるように全体重をかけ、
深々と尻穴を貫く。
「くっ…、ああっ、あああぁ…」
梨恵の声が轟くたびに身体が跳ねた。
38
最初 前へ 35363738394041 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ