陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
背後から容赦なくばしばしと突きまくる腰の勢いがさらに強くなってきた。
怒濤のように突き上げられ、
真衣の髪が乱れ飛ぶ。
「お願いっ…許してぇぇ!」
激しい息遣いだけが返ってくる。
最低の瞬間に秘孔はぎゅんと締まり、
乳首はびんびんに起っていた。
坂木の身体ががくがくしだした。
「おおっ、真衣ぃ、行くぞぉぉ!」
「いやぁぁあああああああぁぁっ!」
突き込まれたものの先端から、
いっ気に白濁が噴出した。
真衣の肢体がびくびくと上下に跳ねる。
どくどくと放出された大量の精液。
坂木の毒液で汚れなき子宮が埋め尽くされていった。
真衣は全裸の身体を痙攣させながら、
またひと筋の涙を流していた。
坂木は自由を奪う媚薬入りの、
この2つ目の薬について考えていた。
「もう少し快楽の効能が欲しいか…」
そして梨恵の方に顔を向ける。
「次はお前だ!」
「!?」
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ