陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
坂木のものが子宮を貫かんばかりの深さまで差し込む。
真衣は真っ赤に染まった顔を伏せ、
そこからバックスタイルで好きなように腰を突かれまくる。
体育器具室は2人が漏らす荒い息と、
肉同士がぶつかり合い粘液が弾ける音だけが響いている。
そんな状況で真衣は梨恵と瞳が合う。
「梨恵…見ないで!」
「真衣…」
「お願いぃ…」
真衣が梨恵に哀願する。
「素敵だよ…真衣…凄く…」
梨恵の瞳が妖しく輝いている。
「駄目ぇっ、う…くっ…ああぁっ」
真衣の背中がぐいんとのけ反った。
真衣のあそこから白っぽい液体が太腿を伝って流れ落ちていた。
割り裂かれたあそこでは、
ひっきりなしにものが出入りしている。
真衣の腰から下は完全に力が抜け、
開いた膝が挿入のたびに揺れる。
坂木が真衣の背中に覆いかぶさった。
真衣はびくっとした。
坂木は腰の打ち込みを続けながら囁く。
「妊娠しちまうかな?」
「嫌っ!う…くっ…あああぁっ!」
腰を動かしながら笑う坂木に、
真衣は喘ぐしかなかった。
いたぶるような坂木の言葉、
股間がたてる肉音が高まっていく。
痛みはもうない。
逆に身体の内側から湧き出る高揚に、
快楽に抗えなくなっていた。
坂木が憎くて憎くて仕方がない、
そんな坂木のセックスが気持ち良くて仕方がない真衣がいた。
「あぁんっ、あああああっぅ」
坂木の腰のリズムが、
急速に速度を増してきた。
肉音の間隔がどんどん縮まってくる。
真衣の膣壁が絡みつくように、
ものを絞りあげ始めた。
「真衣、中に出してやるからな!」
「駄目ぇっ!それだけはぁ!」
快楽に溺れている真衣が、
中出しの言葉に自我を取り戻す。
しかし身体の自由は効かない、
逃げようがない。
いずれ吐き出すであろう汚れた白濁、
それが真衣の体内に注ぎ込まれるのは時間の問題だった。
31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ