陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
自らの真っ白な臀部を宙に掲げられ、
ものをぶち込まれる衝撃。
それは真衣の想像以上だった。
額を油汗が流れる。
「なんて締めつけなんだ!」
バックスタイルで締まりやすいとはいえ尋常ではなかった。
媚薬漬けで愛液まみれなのに、
強烈な抵抗感と締めつけが、
坂木のものを出迎えた。
「あうっ…抜い…て」
ずずずっと真衣の膣穴を広げながら、
坂木のものが埋まっていく。
最深部まで先端が到達して止まり、
坂木ははぁっと息を吐いた。
「ううっ…」
真衣の頬をひと筋の涙が流れた。
肉体を引き裂かれる痛み、
坂木の肉体が身体の深部まで挿入されてしまったことを実感した。
心が、
完全に汚されたように感じた。
「最高だぞ真衣」
細い首のラインがびくっと震えた。
「ああっ…駄目ぇ…」
痛みに耐えていた真衣が声をあげ、
にわかに身体をびくつかせた。
腰を密着させて深々と挿入したまま、
坂木が脇から胸に手を触れたのだ。
「なかなかでかいな」
「もっ揉むな…」
真衣の生乳を掴み上げつつ、
坂木はものをゆっくりと大きく抜き差しを始めたのだ。
「あぁっ、あ…あ」
ずるずる抜き出しては、
ばちんと腰骨を真衣のふっくらと丸い尻たぶに叩きつけるのだ。
傷ついた肉壁がこすられ、
痛みが走り身体が折れ曲がるほどの激しい抜き差しに翻弄される。
真衣は屈辱と羞恥に、
顔をマットにこすりつける。
往復運動を繰り返すなか、
気のせいか痛みが薄らいでくる。
そして身体の内側から湧き出るなにか、
それは真衣にとって認めることができないものだった。
坂木の行為によってそれが、
生み出されることは、
絶対にあってはならないことだった。
「くぅっ…っあ…あっ」
真衣の意志とは無関係に喘ぎ声が、
色気づき始める。
「どうした?気持ち良いのか?」
坂木がいやらしく真衣に問う。
だがそれを認めるわけにはいかない。
双乳を揉みしごかれながら、
勢い良く突かれる。
膣穴があげる粘液質の音が、
どんどん大きくなってきていた。
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ