陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
ぱーんという音が体育器具室に響く。
「きゃあ!」
坂木が真衣の尻をはじいたのだ。
「お前の相手は俺だろうが」
「こ…のけだもの!」
「その減らず口、いつまで続くかな」
坂木は下品に笑う。
真衣のあそこを覗き込み、
感嘆の声を漏らした。
「こいつはすげえ」
坂木はごくりと唾を呑んだ。
むき出しされた淫裂はまるでローションでもぶちまけたように濡れていた。
真衣は激しい羞恥に失神しそうだった。
「みっ見るな…」
「しっかり濡れておいてよく言うぜ」
坂木は真衣の脚を大きく広げさせ、
腰を引き上げ尻を突き出させた。
真衣のあそこがわずかに口を開き、
坂木を迎え入れる準備を整えていた。
はかない抵抗を続ける真衣は少し尻を振る程度が精一杯だった。
坂木が真衣の細い腰を掴む、
それだけで身体の動きは制御できた。
坂木は膝立ちの状態、
四つん這いに近い状態の真衣を、
いつでも貫ける体勢が整う。
荒い息を吐く真衣、
坂木も大きく息を吸い込んだ。
片手で真衣の腰を押さえた。
ものの角度を下げ、
対象のロックオンが完了した。
「大体…あたしが何したっていうのよ!」
「なんだと!」
無自覚な言葉に坂木は激怒した。
「俺は痴漢にされるとこだった!」
最も今やってることはもはや痴漢どころではないのだが。
「あれはあたしじゃない!」
「いやあれはお前だ!」
「それに…」
「それになんだ!?」
「あんなのただの悪戯じゃない!」
「悪戯を超えてるんだよ!あれは!」
「あたしは未成年よ!」
「だからなんだ!?」
「だからあんたは…」
「…」
「もっと大人の対応をするべきよ!」
「勝手なこと言いやがるぜ」
「ああっ…」
ものの先が湿った陰毛をかき分ける。
「嫌よっ!やめてっ!」
「まだそんなこと言ってるのか!」
真衣の腰がびくっと反る。
「いくぜ、真衣!」
「嫌ぁあああぁぁ!」
坂木が熱く燃える灼熱のものを、
腰もろともぐいと進めた。
こじ開けられたことのない肉道を、
ものがずぶずぶと入り込んでいった。
濡れた膣壁は充分潤滑しているが、
締まりに締まった膣道だけに押し返すような圧力だった。
「痛いいぃぃー!」
真衣の悲鳴が体育器具室に響いた。
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ