陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第2章 黒崎真衣編
真衣が不適にも笑った。
「はっ!これであんたも終わりね」
「なにがだ?」
「なにがっ!?馬鹿じゃないの!?」
「馬鹿だと!?」
「生徒にこんなことして!」
「ふんっ」
「ただですむわけないじゃない!」
「俺のことは心配いらん」
「は!?」
「自分の心配した方が良くないか?」
真衣が坂木の意図に気づく。
必死になって頭を振って避ける。
だが疲れで動きが鈍ってくる。
そこを狙われた。
桃色の唇を強引に吸われ
「んんーっ、んんんっ」
顔で押さえつけられ
舌を吸引される。
ぬめっとした唇が気持ち悪い。
舌を噛み切ってやろうと思うのだが、
そこまでの力が入らない。
打たれた薬のせいか。
しばらくぴちゃぴちゃと、
口内粘膜を犯される。
やがて頭の芯が痺れてくる。
真衣は狼狽した。
身体が僅かではあるが反応している。
「くっ…」
打たれた薬が全身の血行を速め、
粘膜の部分の感覚を増幅していく。
真衣の性感帯である舌の感度が良くなってきているのだ。
「ん、んむっ…」
坂木が唾液を真衣の舌に流し込む、
それをそのまま飲み込んでしまう。
意識に靄がかかってきている。
「たっぷり可愛がってやる」
言われても頭を振るまねをする程度。
胸を喘がせている。薬の量が多すぎたか。
「なに…するのよ!?」
坂木は真衣の足を持ってひねり、
くるりと裏返した。
うつぶせになり、
床に膝立ちになる格好になった。
四つん這いの状態に近いが、
腕に力が入らないので頭と膝で体重を支えることになる。
坂木は真衣の後ろに立った。
真衣の突き出された綺麗な尻が、
丸出しになっている。
「みっ見るな…変態!」
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ