陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
梨恵は激しく動揺していた。
先程絶頂させられた時、
体位はバック攻めだった。
屈辱的ではあったが、
顔は見られずにすんだ。
今度は正面きって向かい合っている。
憎くて仕方ない坂木に、
視姦されながらイかされる。
子宮への突き上げによる快感、
それが限界に近いことを悟った。
「ゆっ許して‥」
梨恵のプライドを捨てた哀願‥
「そりゃ駄目だな」
坂木はあっさり切り捨てた。
「くっ…」
坂木はずぼずぼと淫裂を突き続ける。
「ああぁっ、はぁっ、あぁっ」
背後から見ると縄目を受けた、
梨恵の肉体が跳ね上げられていた。
梨恵も理性ではやめて欲しいと思う。
だが身体が感じすぎているのだ。
「あぁっっ、あぅあぁーっ」
緊縛された梨恵は口を開き喘ぐ。
痺れっぱなしの腰をひくつかせた。
目元は潤み頬は赤らんでいた。
下から激しく突き上げられ、
淫裂から垂れ流されまくる愛液。
腰と尻がぶつかるたびに、
ローションと愛液がしぶき飛んだ。
坂木は梨恵の腰を引き寄せると、
こすり合わせるように密着させた。
そこから力強く、
ぐびぐびと淫裂を突きまくる。
「はあっあぁああっ!」
梨恵はのけ反り全身を震わせた。
頭の中が真っ白になる。
絶頂感が…、
子宮の奥からどっと押し寄せた。
「っいくぅ!!いくうぅぅぅ!!」
「俺もいくぞ、おおおぉ!」
嬉しそうに坂木は言い放つと、
梨恵の中に放出した。
抱えられた梨恵の腰が、
背後にぐたりと折れ曲がった。
「…あっ…ぁ…」
膣口をものに串刺しにされたまま、
利恵は痙攣し続けるのだった。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ