陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
坂木は腰を動かさず、
焦らすように余裕の攻めを見せる。
梨恵にはそれがまた憎らしく感じる。
「あああああぁぁ!」
梨恵が絶叫した。
坂木が腰を激しく動かし始めたのだ。
腰を持たれものを抜き上げ、
再びそれをぶち込む。
びたんびたんと音が響く。
出し入れが強く激しくなっていく。
「くっ‥あっ‥はぁーぁぁ」
ものの長さを生かし、
根元から先端までを抜き上げ、
股間を叩きつけるようにぶち込む。
大きな抜き刺しに翻弄される梨恵。
梨恵の緊縛された乳房が、
上下にぶるんぶるんと跳ね、
額の汗が飛んだ。
本格的な上下運動に体重も加わり、
あそこがきつい。
だがそれ以上に快楽が、
梨恵を突き上げていたのだった。
「あぁっ…ぁはぁっ、あぁ…っ」
突かれるたびに電撃のような快楽が、
子宮の入口から全身に走るのだ。
「あぁんっあああっぅ」
内股の感覚がなくなるほどだった。
腰が砕けたみたいだった。
足の裏の力が抜け、
尻が坂木の手で支えられている。
度重なる卑猥な愛撫、
媚薬入りのローション、
それらが理性を崩す。
憎しみの色で染まっていた梨恵の瞳。
それも今は艶めかしく、
色気づいたものになっている。
坂木は右手で梨恵の腰を引き寄せ、
左手を後ろに回し、
後手に縛り上げている荒縄を掴んだ。
そして胸と胸を合わせる形にした。
抱きしめられた状態、
坂木と利恵が見つめ合う。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ