陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
うずくまる梨恵の後ろに、
全裸の坂木があぐらをかいて座った。
体育館の床はかなり冷たい。
下半身丸出で座り込めば、
身体中の熱を奪われてしまう。
だが坂木の身体は欲情で熱していた。
むしろ丁度良いくらいだった。
「もう…許して…謝るから」
梨恵が力無く許しを請う。
「謝って済んだら警察はいらねえ」
「あぁっ」
梨恵の腰を引き上げ、
下半身を拘束している荒縄を解く。
そこから開脚前転のような姿勢で、
腰の上にその尻を乗せた。
自らのそそり立つものに、
ローションをたっぷり塗りたくった。
バックスタイルで両膝を掴むと、
脚を開かせ持ち上げた。
淡く色づいた淫裂が見える。
梨恵は坂木の狙いを理解した。
また犯されるのだと。
坂木の先端があそこに触れた瞬間、
梨恵は股間に力を入れ坂木を拒む。
「無駄だ、諦めろ」
「いっいや‥よ!」
「さっきまでの自分を思い出せ!」
梨恵のあそこがずぶりずぶりと、
坂木のものを受け入れていく。
梨恵の意思とは関係なくだ。
坂木は体重を利用し、
一気に根元まで差し貫き通した。
「ああああぁぁっ!」
梨恵は絶叫した。
「こっ‥このけだもの!」
坂木は梨恵の腰を抱き寄せた。
「しっかり感じておいてよく言うぜ」
「うる‥さい!」
坂木は梨恵の大きく開いた脚を、
抱えぐいっと引き上げた。
「あ‥ぐ‥」
後ろから幼女のように抱えられ、
体重が結合部に集中し、
さらにものがあそこに入り込んでいく。
「ああぅっ‥っ」
梨恵は身体を反らせ喘ぐ。
坂木は身体をぐりぐりと回し、
方向を変えていく。
「壊‥れる」
「壊れねえよ、大丈夫だ」
「は‥ぐっ…っ」
梨恵の緊縛された上半身が回転し、
坂木と向かい合う形になった。
脚は坂木の腰を挟んで、
M字型に大きく開かされる。
対面座位の体位だ。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ