陵辱・望まない絶頂が悔しくて
陵辱・望まない絶頂が悔しくて
成人向アフィリエイトOK
発行者:乱
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/06/15
最終更新日:2013/09/02 00:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
陵辱・望まない絶頂が悔しくて 第1章 新山利恵編
坂木のそれぞれの指が、
卑猥に動き梨恵の性感を刺激する。
「良い感度になってきたな」
梨恵は首を振ってみせる。
クリトリス、
肛門、
Gスポット、
の3点バーストで責める坂木。
快楽に対抗する手段などなかった。
びちゃびちゃという股間の音が、
梨恵の耳にも聞こえていた。
「さあイけ!」
坂木が命令口調で言い放った。
「いっ嫌っ!誰があんたなんかに!」
「まだそんな口がきけるのか!」
坂木が3点バーストの威力を強める。
『こんなに早くいかされる!?』
梨恵の腰の疼きが強まってくる。
身体も凄まじく火照り、
顔も真っ赤になっている。
梨恵は恥ずかしい顔を見られまいと、
坂木の胸に顔をうずめた。
だがそんかことをしたところで、
坂木の指の動きは止まらない。
「ああぁっ…い…や…」
膣壁が絶頂の予感に締まりだす。
坂木の指が敏感な突起を回しこする。
肛門をぐりぐりと弄ぶ。
淫裂の奥深くこりこりした上壁、
そこを突き上げる。
梨恵の美しい肢体が反り、
突っ張った。
「見ないでえええええぇぇぇ!!!」
その美少女といえる容姿が、
坂木という陵辱者に歪められ、
梨恵はイッたのだった。
梨恵は力無くその場に崩れ落ちた。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ