籠に入れたい
籠に入れたい
成人向
発行者:鬼島勝彦
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/05/26
最終更新日:2013/06/09 10:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
籠に入れたい 第1章 プロローグ
パソコンには、一枚一枚その服を身体からはずし、白い柔肌を露にしていく女性が映し出されている。

その女性がブラジャーのホックに手をかけたとき、洋介の息づかいは一層荒くなった。

ブラジャーがはずされると、そこから程よい大きさの胸があらわれた。

遠慮がちな淡いピンク色の乳首と小ぶりな乳房が、女性の動きとともに小刻みに揺れている。

女性が下腹部の布切れに手をかけたとき、洋介は絶頂を迎えていた。

この動画で何回抜いただろうか。

自分の姉の盗撮動画をおかずにするなんて自分でもどうかしてると思う。

しかもこの動画は5年も前のものだ。それから何度も姉の裸を自分の頭の中で

慰みものにしてきた。

いや、姉だけではない。近所の人妻も、会社の同僚も、そのあられもない姿を

カメラに収め、何度も何度も頭の中で犯してきた。

自分の性欲はおかしいのではないか、性的嗜好が異常なのではないか。

何度も自分で問うてきたが、その欲望を抑えることはできなかった。

何人もの女性を自分だけのものにしてきた、洋介は今日もその女性たちを

犯し続ける。


1
最初 前へ 1234 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ