Wer
Wer
アフィリエイトOK
発行者:kame
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/05/23
最終更新日:2013/05/23 09:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Wer 第4章 外

!?
予想外の返事。

「しかしミズノ、お前はいかん。
スカイと一緒に行く者はもうひとりの補給当番、エリに行かせる!」

「なっ、なにい!?」

「ここのシェルターの長は俺だ。
俺の言うことは絶対だもん。ばーか」

「て、てめえジジイコラ‥」

「そういうわけだからスカイ、エリに事情を説明して行ってきてくれ。
詳しいことはエリに聞いたらわかる。
ほれ、シェルター住民チケットだ。」

スカイは言われるがままチケットを受け取り、ドクのさっさと行けというジェスチャーの言うままドクの部屋を出た。
部屋の中ではまだドクとミズノが喧嘩している。




その足でスカイはエリの元へ行き、事情を説明した。



「ほんとに?」

エリは驚きながらそう言った。

「うん、ドクがエリと行けって。」

「な、ならチケットをもらわなくっちゃ。」

エリは慌ててドクの部屋へ行こうとした。

「あ、チケットってこれかな?」

そう言ってスカイはドクにもらったチケットを見せた。

「あ、それそれ!
ドクからもらったのね。」

「うん、強引に‥」

「ふふ、それがないと物資補給にはお金がかかるの。
そのチケットは政府から難民に配られ、政府が管理する物資は全てタダでもらえるのよ。」

「そ、そうなんだ。」

「そ、じゃあ行きましょ。」

そう言ってエリに連れられ出口の扉の前まできた。

ピピピピピ
ガシャン
プシュー‥

扉が開く。



そこには赤色の大地と絵の具で描いたかのように青い空、白い雲、
さっきまでシェルターの中に居たのを疑いたくなるような景色が広がっていた。


「す、すごいね‥」

「うん、綺麗でしょ。
この空の下、別の場所で戦争が起きてるなんて信じられる?」

「いや‥」

「そうだよね。
私も信じたくないな。
そんなこと。」

風になびいた黒い髪、
エリの後ろ姿は
この自然の一部かの如く
美しかった
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ