Wer
Wer
アフィリエイトOK
発行者:kame
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/05/23
最終更新日:2013/05/23 09:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Wer 第4章 外
あれから一週間が経った。
だいぶシェルターでの暮らしも慣れてきた頃だった。

「おいスカイ、
お前、武器は扱えるのか?」

シェルター生まれ、シェルター育ちの友人ミズノだ。
青い髪をなびかせながらスカイに近づいてくる。

「武器?わからない。
たぶん、扱えないと思うよ」

「それはいかんなスカイ、
このご時勢自分の身は自分で守らなくちゃいけないだろ?
特に俺らは男だ
銃ぐらい撃てなきゃいざって時に困るぜ」

ミズノは笑いながらスカイの肩にポンっと手をやった。
そして顔を近づけこう言った。

「なんなら俺が教えてやろうか。ん?」

少しミズノについて説明不足だった。
奴はナルシストだ、とびっきりの。

「う、うん」

迫力に圧倒されてついいい加減に返事をしてしまった。

「よし、なら昼飯食ったらドクに外出の許可をもらおう!」

ミズノは肩に置いてあった手をどけ、パチっと指で音を鳴らした。






「だめだ!」

「ええ!?」

ドクの一声にミズノが反応した。

「なんでだよ!?
少し外に行くだけだろ?」

「スカイは外の世界を知らんすぎる!
そんな無知がシェルターから出たらどうなる!?
空軍にばったり出くわしたらどうなる!?
あっという間に死んでしまうのが目に見えとるだろうが!」

ドクはもっともな意見を言っている。
何も出来ないスカイが外へ出て、もしも戦争に巻き込まれでもしたらそれこそ一瞬で殺されるだろう。
ドクの言い分に素直に従うしかないとスカイは思った。
しかし

「な、ならこのままこいつは一生シェルターで生活するのかよ!
それに、記憶が戻るきっかけにもなるかもしれないだろ!
そうやってスカイをずっと閉じ込める気か!」

なんとミズノが反論した。
だが確かにミズノの言ってる事も的を得ている。

「そうじゃない!
時期を待てって言っているんだ!」

「時期っていつだ!?ああ!?」

「ふん!黙れ!わしが行かせんと言ったら行かせん。」

ミズノは一瞬キッとした顔をしたが、すぐに笑顔になりこう言った。

「そういや、弾薬と医療キットがかなり少なくなっていたよな。
今夜の補給当番は俺。
ここのシェルターのルールじゃ二人一組で買い出しに行くのが原則。
俺はこいつと行くぜ!」

ミズノが言った。

「わかった。」
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ