カルテット~少年と獣たち Vol.1
カルテット~少年と獣たち Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:カルテット~少年と獣たち

公開開始日:2013/05/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カルテット~少年と獣たち Vol.1 第2章 1 父 その1
 だが私には大が残った。二人きりで入学式に挑んだけれど、大はちっとも寂しがりはしなかった。京香は家事も育児(特に本当の幼児期にこそ)もほとんど直接には行うことなく、家政婦兼、古い言葉で言えば乳母に任せていた。大が彼女に母性など求め得ようはずはなかった。私は多忙だったが、大のおむつ替えも、二人での入浴も、その乳母に教わりながら少しずつやるようにした。
 大との入浴は私にとって至福の時であり、またあり続けた。
 産まれたての赤ん坊にとって世界は母親だけだ。絶対の愛を独占する権利を与えられている。
 しかし、誰もがその「自然」に合った育ち方ができるというものではない。京香は早くに大を手放してしまったし、乳は乳母のものだった。
 私が大のおむつ替えや入浴を買って出たのは、家事や育児を妻と応分に分担しようなどという、流行りの偽善とは全く異なる理由からだった。そう、私は少年愛者だ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ