お揃い
お揃い
完結
発行者:いろは
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/05/11
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お揃い 第1章 ストラップ

宏成の携帯に、どこかで見たようなストラップがついたのは、私の誕生日から三ヶ月後だった。
違うのは宝石の色だけである。これどうしたの、と聞くと、
「お揃いにしようと思って」と、はにかみながらの答えが返ってきた。
そういえば、今月は宏成の誕生日であると思い出して、私は出遅れた気分になった。
相手がしてくれたことと、同じだけのことをしてあげたい。
だから、これは私が買えば美談にまとまったのでは、と思う。
しかし、それを口には出さずに、口惜しさとは別に感じていた喜びを全面に押し出す。
そして、次の日小さな熊のストラップを買ってきた。
熊というよりは、ベアーと言った方がしっくりくる可愛らしいそれを、
誕生石のストラップと同じところにくくりつけた。
無論、宏成のにも、私のにも。
宏成は笑いながらどうしたのと聞く。答えはわかりきってる、そう言いたげに。
あえてそこは追求せずに、「誕生日プレゼント」とだけ答えた。
笑って、顔が近づいて、思わずキスをして、離れて。
笑みは絶やさないまま、そのくまのストラップを向き合わせる。
どちらともなく、このストラップと同じ行動を起こし始めて、
その内宏成の方のくまは私のくまの上に乗って、宏成も私の上に乗っていた。
ベッドには移動せず、そのまま勢いでセックスをした。
2
最初 前へ 1234 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ