七福神の殺意
七福神の殺意

発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 10:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
七福神の殺意 第20章 第二十章
「う~ん、なるほど、膿を出すつもりが、鬼を出してしまったと言うことか。正に生兵法怪我の元、という奴ですね。」
「ええ、どうもそんな気がして成らないんです。中村誠次は、会社や自分の財産を狙う、一族の中の不穏な空気を察知して、それなら先に仕掛けて、そんな輩を排除しようとしたみたいですね。所が、狙っていたのは会社内だけじゃあなかったわけです。」
「なるほど」
川波はうなずいた。
「ところで、文明の事故に関しては、何か解りましたか?」
辺保恭介が川波に聞いた。
「いえ、それが皆目、こんな田舎で深夜のことだから、目撃者も居らず。それに、朝までに随分何度も大型車に轢かれ、巻き込まれているみたいで、遺体の損傷も激しく、司法解剖を担当した医師も、死因すら解らない状態になってると・・・・。」
「その時間帯の、各人のアリバイは?」
「はあ、今調べさせていますが・・・何分死亡時刻が特定できない物で、全員がアリバイがあるといえば有るし、無いと言えば無くなるんです。いや~弱りました。」
「例の、池田元久はどうしていたんです?アリバイは?」
「奴の場合も、アリバイがあるといえば有るし・・・・・。」
「と言うと?」
「今までの婚約者の、妹、すなわち京子の妹の美代子とホテルにいたと・・・・。」
「ホテルの従業員は確認しました?」
「ええ、一応聞きはしましたが、そのホテルは、客がいっさいの従業員、または他の客に顔を合わせないようになっていまして、全く本人の確認がとれないんですよ。勿論宿帳などもないし・・・。」
「そうですか。」
辺保恭介は、腕組みをして、部屋の中を歩き回り始めた。
辺保恭介は何か物を考えるときに、腕組みをして、檻の中の熊みたいに、同じ所を行ったり来たり、歩き回る癖がある。
川波が辺保恭介と話している間に外はもう、夕日が、空を赤く染めていた。
部屋の中も、薄暗くなっているが、辺保恭介は、相変わらず部屋の電気もつけようとせず行ったり来たりしている。
正に、心、此処にあらずと行った感じであった。
川波はそんな辺保恭介をあきれたように見ていたが、それを止めようとはしなかった。
 
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ