七福神の殺意
七福神の殺意

発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 10:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
七福神の殺意 第2章 第一章
「それを探すのは、お宅達の仕事でしょうが。」
辺保恭介も、かなり動揺し、いらだってきている。
川波は、そろそろ、ぼろを出す頃だと思っていた。
「だから、こうやって、話を聞いている。犯人を捜すために。」
「もし、話を聞くだけなら、もう少し言い方があるでしょうが。それじゃあ、まるで私が殺したみたいじゃあないですか。」
「違うのか?」
「だから、私は、殺してなんか居ない。それに動機も何も無いでしょうが。」
「動機があるか無いかは、知らない。無かったのか?」
「ふざけるのも、いい加減にしろ。名誉毀損で訴えるぞ。」
元来、気が短い辺保恭介は、とうとう怒鳴り始めた。
「何もそう、怒鳴らなくても聞こえるよ。それとも何か、突っ込まれて、何か具合の悪いところでもあるのか?」
川波は、相変わらず淡々とした言葉で話している。
辺保にはそれがよけいに気に障る。
「お宅らは、私に協力させたいんですか?それとも敵対したいんですか?」
「おいおい、敵対とは又極端な言葉だなあ。お前が、やったのなら敵対する事になるだろうけど、そうで無いのなら、違う。」
「だから、何度も言ってるように、私はやっていない。」
後は水掛け論になった。
辺保恭介が、解放されたのは、朝方だった。
恭介が、調べを受けている間に、連絡を受けた家族が駆けつけていた。
辺保恭介が事情聴取を終わって、取調室を出ると、和服を着た三十前後の女が声をかけてきた。
「あのう・・・・・」
「はい、何でしょう。」
「警察の方に伺ったんですが、貴方が主人の最後を見届けていただいたそうで、ありがとうございます。」
女はそういって、深々と頭を下げた。
「ああ、あの方の奥さんですか、このたびはどうも、とんだ事で・・・。」
恭介は、一応形だけは、挨拶をした。
「あのう・・・つかぬ事をお伺いしますが・・・貴方は、主人とはどのような・・・。」
「はい?ああ、そのことですか、いえ、今も警察にさんざん聞かれたんですけどね。」
「どのような、と言われても困るんですが、たまたま隣同士で釣っていただけなんです。ただ、ご主人が釣った魚の取り込みをお手伝いしまして、まあ、同じ趣味だと言うことで多少話していたんです。その話の途中でご主人があんな事になって・・・。」
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ