七福神の殺意
七福神の殺意

発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 10:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
七福神の殺意 第15章 第十五章
刑事部屋に帰ってくると、遺体安置室にいた、若い刑事が、川波係長に声をかけてきた。
「うむ、呪いとは何だろう、何か、心当たりが有りそうな感じだったが。よし、正勝の過去を徹底的に洗ってくれ、それから、正勝から金を借りたことがある人間もだ。」
一連の中村家の殺人事件はいずれも全く未解決であった。
あるいは、全てが同一犯なのか、とすれば財宝を狙っての、同族の犯行なのか、怪しいと言えば全員怪しくなるし、今のところアリバイが無い者もいるが、だからといって、それがそのまま犯人説には結びつかない。
はっきりした、動機もなければ、勿論何一つ物的証拠はない。
これだけ派手な事件だが、その犯人はようとして解らなかった。
 
 
70
最初 前へ 67686970717273 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ