七福神の殺意
七福神の殺意

発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 10:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
七福神の殺意 第1章 プロローグ
「今日は、どちらからおいでですか?」
と、辺保が訪ねると、
「私は、地元、と言っても山之口からなんですけど、ご存じですか、山之口を?」
「私は、大分からなんで、こちらの方は一寸分かりませんねえ。」
「実は先日、大分の釣り場で、宮崎から来られてる方に合いましてね。」
「此処が時々大物がでると言う話だったので。」
「それじゃあと、勇んで来たんですが、私は全くだめですねえ。」
「そうですか、大分からですか、それは又遠い所から、・・・・・ぐ・・・がは・・。」
男はそこまで言いかけて、一端両手で喉をかきむしるような仕草をしたかと思うと、片手を前に尽きだし空中をつかむような格好で、そのまま倒れた。
辺保がすぐに、抱え起こし
「もしもし、どうしたんですか。」
「おい!しっかりしろ、おい!・・」
男は、白目をむき、口から血の泡を吐いて、すでに事切れていた。
口からは、アーモンドのような臭いが、漂っていた。
辺保恭介から、百十番通報を受けた宮崎南警察署は、刑事一係りが捜査に向かった。
犯罪は初動捜査が第一である。
初動捜査の善し悪しで、犯人の検挙率が変わる。
宮崎南署刑事一係りは、川波良清と言う係長以下九名の若手刑事達が居る。
南署の精鋭達であった。
その刑事一係りが、青島の漁港に急行した。
 
 
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ