七福神の殺意
七福神の殺意

発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 10:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
七福神の殺意 第6章 第五章
若い刑事が、
「係長、中村誠次は自殺じゃあないでしょうか?自殺と考えると、全てがつじつまが合うように思えますが。それに秘書をしていた姪の京子、これも自殺だとすれば・・・。」
「・・・自殺か・・・よし、君らはその線でもう一度洗い直してくれ。・・・・・ひょっとしたら、誠次と、京子は心中かも解らないなあ。」
川波は最後にぽつりとつぶやくように言った。
若い刑事がそれに答えて、
「その線ももう一度洗ってみます。」
誰もいなくなった捜査一課で、係長が一人、辺保恭介の調査報告を見ていた。
 
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ