狂った人生
狂った人生
成人向
発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 08:42

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
狂った人生 第1章 第一章、 油断
「ヒグ!」
美加は小さな声を発し、身体を痙攣させた。
動かぬ四肢に、力が入る。
こんな状況で、アクメに達してしまったのである。
美加の四肢から力が抜けても、美加を捕らえてる手は容赦なく動き回る。
それは、美加がお茶の水女子大前の駅で降りるまで続き、何度も上り詰めさせられた.
これが毎日の美加の通学の日課になっていた。
 最初は、電車に乗るのが怖かったが、今では密かに楽しんでいる。
しかし今日は、いつもと少し様相が違った。
アナルに、奥深く差し込まれた指が、唐突にまるで、スポッと言う感じで引き抜かれた。「あっ!。」
美加は、思わず小さな声を出していた。
引き抜かれた指はそのまま美加のパンティに掛かり、尻の下まで引き下げられた。
さすがに美加はうろたえたがどうにもならない。
 美加は、満員電車の痴漢を楽しむようになってからは、パンストは、履かなくなった。
それどころか、スカートの丈もごく短い物になってきている。
美加が狼狽していると、尻の谷間に堅くてヌルヌルした物が押しつけられた。
その堅い物は、美加の尻の谷間を割って、今まで野深く指が入っていたところにあてがわれたかと思うと力が込められた。
メリメリと言う感じで、美加の処女のそれに入り込んでいく。
思わぬ珍入者に、美加のアヌスは精一杯の抵抗を試みるがそれもつかの間、堅い物はゆっくりと、しかし確実に、美加のアナルを貫いていった。
あまりの痛さに、美加は顔をしかめ、歯を食いしばったが、涙があふれ食いしばった
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ