狂った人生
狂った人生
成人向
発行者:豊道 豊
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2013/04/03
最終更新日:2013/04/03 08:42

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
狂った人生 第1章 第一章、 油断
そこからわき上がる快感に美加の心とは裏腹に身体は反応し、美加の割れ目からは、熱い液体があふれ出し、パンティまで湿らせてくる。
毎日の事だが、大学に通うのにいつも四、五枚のパンティを持っていく。
声を出したり、手を掴んだりしてはっきりと拒否すれば良いのだが、美加にはどうしてもそれができず、毎日下着を汚してしまうのだった。
パンティの股間が濡れてきたのに気付いた手は、一段と大胆になって、下着の横から指を潜り込ませ、直接パンティの中のしとどに濡れた、秘められた部分にふれてきた。
その刺激は一層強くなり、美加の股間をさらに湿らせてくる。
最初、美加の割れ目に沿ってなぜ上げ、上の方の小さな突起を刺激していた指は、さらに大胆になって、ついには美加の、秘められた割れ目の奥へと進入してきた。
それも一本だけでは無い。
別々の指が、二本、三本と入ってくる。
美加のヴァギナは、まるで男のいきり立った物で、犯されている様な感覚を覚えた。
違うのは、そのすべての指が別々の意志を持って、別々の動きをするのであるからたまらない。
美加の腰は完全にくずおれているのだが、満員列車の人ゴミに支えられて、足さえも宙に浮いたままである。
その姿勢で腰が、まるで別の生き物のように、ウネウネと勝手に動き始める。
そうこうしていると、後からきた別の指がいきなり美加のアナルに、根本まで差し込まれた。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ