梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第2章 2
 梨乃は右手をその部分へと伸ばすと、肉ヒダを指先でいじり始めた。
 そこで、わたしのおまんこ見て、っていうの!」
 成宮信也が、囁くように怒鳴る。
「……わたしの……おまん、こ、見て」
 梨乃は泣き出しそうな、恥ずかしそうな顔で、指示されるまま言葉を発すると、自分の裂け目を両手で左右に広げた。
 ぱっくり割れて丸見えになった真っ赤な真っ赤な内部を写そうと、ぐーっとカメラが寄った。
 梨乃は、その内部へと、右手の人差し指を差し込んだ。
「あ」
 ぶる、と身体を震わせると、ゆっくりと、深くまで入れていく。
 ゆっくりと出し入れしていると、続いて、服を脱げという成宮信也の指示。梨乃はダウンジャケットを脱ぎ、セーター、ブラウスを脱いだ。
 ブラジャーを外すと、おおぶりな乳房が、ぶるんと揺れた。
 ミニスカートは既にまくり上がって腰帯のようになっているため、ほぼ全裸も同然の状態になっていた。
 成宮信也に指示され、梨乃は脚を広げたまま、ブリッジをするように腰を高く突き上げた。
 大きく広がった脚の間を、成宮信也のカメラがうつす。
 梨乃は泣いていた。
 泣きながら、大きく開いた自らの中に指を出し入れしていた。
「おい、泣いてちゃ芸術作品が台なしだろ。じゃ、しょうがないな、シナリオ変更、あなたのおちんぽ欲しくて涙がとまらないの、とかいって」
 成宮信也のカメラが、腰を突き上げ性器をいじりながら涙を流している梨乃の顔に寄る。
「ほら、早く!」
「あ、あなたの、お、おちんぽ欲しくて、涙がとまらないの」
 梨乃はつっかえつっかえで、なんとかその台詞を口に出した。
「そんな欲しいんなら、じゃあいいよ、はい、合田富男を襲って」
 成宮信也の次の指示に、梨乃は突き上げていた腰を下ろすと、上半身を起こし、ベンチに座る合田富男のズボンのベルトを緩め、ジッパーを下ろした。
 ごそごそと探ると、弾けるように合田富男の男性器が飛び出した。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ