梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第1章 1
 皮が少しずつめくれ、先端にピンク色の中身が見えた。
 さらに少しずつ、限界まで皮を引き下げていくと、ピンク色の綺麗な亀頭が完全に顔を出した。
 少女は、握った手を上下させた。
 皮が最初の状態に戻ったり、剥けて亀頭を露出したりを繰り返すうちに、先端の裂け目から透明な液体が染み出していた。
 少女はそこへ顔を近付けると、舌を尖らせて裂け目をほじくるように、染み出した液体を舐め取った。
 亀頭に口づけをすると、そのまま口を開いて、一気に顔を落として全体を飲み込んでいた。
 ああ、と男性が呼気のような呻き声を上げた。
 少女は顔の上下動を開始した。
 口から男性の太く長いものが現れては飲み込まれ消えていく。
 男性は少女の頭を軽く押さえながら、ぷるぷると震えている。
 どれくらいそうしていただろうか。
 少女は顔を上げた。
 男性のものが口から抜けてぷるんと揺れた。
 少女は無言のまま男性へと全身を寄せると、膝の上にまたがっていた。
 男性は、少女の背中に両腕を回す。
 少女は下に手を伸ばし、男性のものを掴んだ。
 位置を調節すると、自らの身体を重力に任せた。
 つぷ、ぬぷ、と小さな、しかし淫靡な音が響いた瞬間には、少女の身体は深く沈んでいた。
 男性の太く大きなものが、少女の身体の中に深く刺さっていた。
 少女は男性の身体をぎゅっと抱いた。
 しばらく二人はそのまま抱き合っていたが、やがて少女は身体の上げ下げを始めた。
 少女の裂け目に飲まれた男性自身が、半分ほど出てはまた深く沈んだ。
「あ、あん、ああはあっ」
 少女の喘ぎ声が誰もいない車内に響く。
 そのまま上下に動き続け、違いの粘膜をこすり合っているうち、やがて車内アナウンスが流れ、電車が駅に到着、扉が開いた。
 この電車の他の車両から降りたと思われる女性が、ホームを歩いていくのが窓から見える。
 ちらり、と、こちらに気付いたようで、ちょっと不快そうな視線を向けた。だが、その程度の反応で、歩き去っていった。
 下半身が見えていないため、単なるイチャイチャしているカップルとしか見えなかったのだろう。
 しかしその視界のすぐ下では、お互いの肉体が深く結合していた。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ