梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第8章 8
 毎日毎日、外へ出ては見ず知らずの男性と関係をもたされ、部屋の中でも四人にかわるがわる突き入れられて。
 ここに……
 大きな、男の人の物が。
 梨乃はひざまづきながら、左手を自分の股間へと運んでいた。
 スカートを少しまくり上げ、その部分を、触った。下着は身につけておらず、直に触れていた。
 濡れていた。
 ほんの少し前までこんな状態ではなかった。
 本間健二たちに挿入されているところ、公園で子供たちに挿入されているところ、それらを思い返しただけで、一瞬にしてこのような状態になってしまったのだ。
 触れただけのはずなのに、ぬるり、と吸い込まれるように指が飲み込まれていた。
 これで、最後。
 もう絶対に思い出すこともない。
 こんなこと。
 だから……
 梨乃は指を動かし始めた。
「あ」
 身体がぶるぶると震えていた。
 激しい勢いで、出し入れした。
 もっと……もっと、太い物を……
 右手に持った金づちへちらりと視線を向けた。
 柄を回転させて持ちかえると、柄の先端をその部分に押し当てた。
 ぬるっ。
 入っていた。
 父の仕事道具である金づちの柄が、梨乃の体内に深く潜り込んでいた。
 重く大きな金づちであるため、それを支えられるように柄の部分は相当に太いのであるが、それが実に簡単に入っていた。
40
最初 前へ 35363738394041 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ